2017年01月18日

豪雪の千種

先週の大雪後、千種高原へ行く⛄
これまで大雪の千種は初めてだ
DSCF1727.jpg

千種町の集落から凸凹雪道だ、二駆のFRでヒヤヒヤしたけどLSDの
おかげでぐいぐいスキー場まで到着
頑張って来た甲斐あってコンディションは最高晴天で北海道並みの雪質で
楽しめました。
DSCF1730.jpg DSCF1728.jpg

雪山ハイカーも来てました、今日はいい景色
行き帰りも外付けのオートクルーズで楽チン運転、付けてよかった^^
DSCF1732.jpg DSCF1738.jpg


posted by trh122 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

2017年始動八ヶ岳アイス

2017年始まりました、初回は八ヶ岳アイスクライミング クリスマスルンゼでスタート
P1070036.jpg

1月はいつもの初詣鹿嶋歩きをして今日に備える。
アイスで遠征は戸台依頼で今回はとても楽しませてくれました。
P1070001.jpg

諏訪南ICから登山口駐車場まですぐで、テント場まで重装備で1.5Hぐらいです。
これまでの戸台に比べてとても近いので食料もいいものを持って行けます^^
初日はポカポカ陽気でテント場も草原で快適です。
1483963211623.jpg P1070011.jpg

午前中に荷物を置いて右俣のクリスマスルンゼに行きます。
初めてここに来ましたが、沢全部が凍っていてとても考えられない光景です
ベテラン先生と2号さんは二週連続でここに来ています。
P1070014.jpg 

あちこちの沢とルンゼが凍っているのでどこでも登れます、僕も今期初アイスで
いきなりのバーティカルの氷は緊張しました
P1070024.jpg

クリスマスルンゼの下の段で氷にV字貫通でロープを通す練習をしました。
結構真面目にしないと穴が合いません。
P1070029.jpg P1070032.jpg

その氷だけの支点で懸垂下降、最初は勇気がいりました
P1070034.jpg

来た道を下降して武藤返しの滝へ向かいます。
P1070037.jpg

とにかく氷の川を歩いているだけでもここに来た価値があります。武藤返しの滝は
なぜか黄色く凍っていてとても硬く、アックスも入りにくい。大峰とは違います
P1080126.jpg P1070054.jpg

二日目は左俣を目指しますアドベンチャーコースで行けるところまで探検
こらー面白いなー
P1080100.jpg

比較的易しい登りで2号さんのリードで回収は僕
P1080102.jpg P1080117.jpg

他のパーティと並走して登ります。
P1080132.jpg 

今回はここがハイライトで氷のイリュージョンですね、上部はまた黄色の硬い
氷で核心。
P1080135.jpg P1080138.jpg

最終の大滝まで行きまた、ここでまた氷の懸垂でしたまで降りほかのルートを
探索しました。段々と雪がちらつき始めました。
P1080148.jpg

雪が降ってくる中、何回も懸垂を繰り返します。アルパイン要素を含みます。
P1080163.jpg P1080172.jpg

二日目の晩には雪が深々と降り続け、来た初日とは様子が全然変り
雪山になりまた。広河原アイスまた行きましょう〜
P1090181.jpg




posted by trh122 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

年末の岩場

大みそか、家の用事はやる事はやった。ボードも考えたけど、
暇な兄弟を連れていつもの岩場へ☀

DSCF1692.jpg

今回は長男坊が岩初参加でその実力を見る。まずはミニコースを難なく登る
午後からの南壁に備え、各自懸垂下降の練習を教えます。
DSCF1703.jpg DSCF1708.jpg

懸垂は自己責任、徹底して安全に降りることに専念。
DSCF1699.jpg DSCF1696.jpg

東壁に移る、はじめての岩場で難なく登る長男に唖然、いつも口が達者な長男で
どこまで根性があるか思いましたが、よくよく考えて見れば、小さい時からモトクロス
をさせて国際B級まで上がっただけに本番では強い
DSCF1711.jpg

兄弟でトップロープで練習、親父はカメラマン
DSCF1714.jpg

午後から南壁中央陵を連結で登る、次男はセカンドで架け替えと回収、三番目に長男。
その高さに終始堪能、今日も天気良く。
DSCF1719.jpg DSCF1722.jpg

下りは各自懸垂、年末何も無いように徹底してから一人づつ下降、無事年末の
岩登りも終わり。若いもんは大したもんやな〜
DSCF1723.jpg
posted by trh122 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

年の瀬岩登り

冬季連休に入る特に予定なし、近所の岩場で次男坊と練習

会社員となった次男坊も暇そうなのでやさしい岩場で一から教える。
普段の岩連は載せませんが今日は特別に^^
DSCF1672.jpg DSCF1680.jpg

今日は貸し切り初心者の子供は数年前に妙号岩のマルチに連れていった
こともあり飲み込みは早い。
DSCF1676.jpg 

午前中の東壁から午後から南壁を登る、朝一に初級コースが幸いして
何とか登ってくる次男。
DSCF1684.jpg

始めてで南壁を登ってきたその高さに登った感を感じる次男坊、下りはここから
懸垂下降、その場で初懸垂を完了して降りてきた、たいしたもんやな〜
DSCF1687.jpg DSCF1690.jpg

posted by trh122 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

平湯でテン泊練習

年末最終に平湯に行き焼岳雪山登山の計画を立てる。

ハプニングもあり大正池で冬季テント泊へ変更
過去2年西穂独標へチャレンジし今年は焼岳でもとテン泊計画を立てる。
天然水さんの車で行きも順調に現地についたのに、中の湯登山口までの
林道を門の前で旅館の関係者に3連休なので一般登山者の車は通行出来ない
と門前払いを受ける。色々と交渉してもダメだった・・。先週は行けてたのにな〜

これまで順調に進んでいた工程が大幅に崩れ、仕方なく沢渡まで行き、タクシーで
また釜トンネルまで戻る。時間工程的にも旅館の登山口まで重装備で上がるにも
ロスがある。別のルートで進んでみたけど、こちらも時間的にも距離でも困難で
あると判断し、やむなく上高地でのテント泊に変更する
PC240002.jpg


冬季閉鎖の上高地でも散策や登山訓練で向かう人も多く僕たちも重装備を担いで
トンネルを進むが結構登りで脚にくるおよそ3`

釜トンネルを抜けると新しい上高地トンネルがありバスの往来も良くなっていた。
PC240011.jpg PC240009.jpg

下道走りで早朝岐阜から走り出し現場でバタバタして段々と疲れも出てきたので今回は
大正池でテント泊とし忘年会歩きと気分を変える⛄
PC240013.jpg 

焼岳が見える、本来ならあの中腹の平たいところでテント泊
PC250033.jpg

時間は十分にあるので酒につまみと天然水さん自慢のすき焼き鍋を頂く。
ほぼ半年振りの再開で延々と話しが尽きない
PC240024.jpg 

夜中も深々として星空もきれいでクリスマスにいい天気でした。
翌朝、快晴の兆しが見えできるだけ焼岳登山の事は考えずまた次回計画。
PC250040.jpg

朝から大正池を後にして帰りは平湯温泉へ浸かり、また下道で京都東まで
戻る。山自体は登れずでしたが、冬の装備の歩きとテント泊は今シーズに向けて
のトレーニングなりました。後は天然水さんの車のオートクルーズ機能があること
を僕が発見し帰りは楽チン。持ち主は買って半年経っても知らなかったそうです。
PC250038.jpg
posted by trh122 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)
春の厳冬期?氷ノ山 by (04/01)
秋の氷ノ山 by アウトラン (10/12)