2016年12月29日

年の瀬岩登り

冬季連休に入る特に予定なし、近所の岩場で次男坊と練習

会社員となった次男坊も暇そうなのでやさしい岩場で一から教える。
普段の岩連は載せませんが今日は特別に^^
DSCF1672.jpg DSCF1680.jpg

今日は貸し切り初心者の子供は数年前に妙号岩のマルチに連れていった
こともあり飲み込みは早い。
DSCF1676.jpg 

午前中の東壁から午後から南壁を登る、朝一に初級コースが幸いして
何とか登ってくる次男。
DSCF1684.jpg

始めてで南壁を登ってきたその高さに登った感を感じる次男坊、下りはここから
懸垂下降、その場で初懸垂を完了して降りてきた、たいしたもんやな〜
DSCF1687.jpg DSCF1690.jpg

posted by trh122 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

平湯でテン泊練習

年末最終に平湯に行き焼岳雪山登山の計画を立てる。

ハプニングもあり大正池で冬季テント泊へ変更
過去2年西穂独標へチャレンジし今年は焼岳でもとテン泊計画を立てる。
天然水さんの車で行きも順調に現地についたのに、中の湯登山口までの
林道を門の前で旅館の関係者に3連休なので一般登山者の車は通行出来ない
と門前払いを受ける。色々と交渉してもダメだった・・。先週は行けてたのにな〜

これまで順調に進んでいた工程が大幅に崩れ、仕方なく沢渡まで行き、タクシーで
また釜トンネルまで戻る。時間工程的にも旅館の登山口まで重装備で上がるにも
ロスがある。別のルートで進んでみたけど、こちらも時間的にも距離でも困難で
あると判断し、やむなく上高地でのテント泊に変更する
PC240002.jpg


冬季閉鎖の上高地でも散策や登山訓練で向かう人も多く僕たちも重装備を担いで
トンネルを進むが結構登りで脚にくるおよそ3`

釜トンネルを抜けると新しい上高地トンネルがありバスの往来も良くなっていた。
PC240011.jpg PC240009.jpg

下道走りで早朝岐阜から走り出し現場でバタバタして段々と疲れも出てきたので今回は
大正池でテント泊とし忘年会歩きと気分を変える⛄
PC240013.jpg 

焼岳が見える、本来ならあの中腹の平たいところでテント泊
PC250033.jpg

時間は十分にあるので酒につまみと天然水さん自慢のすき焼き鍋を頂く。
ほぼ半年振りの再開で延々と話しが尽きない
PC240024.jpg 

夜中も深々として星空もきれいでクリスマスにいい天気でした。
翌朝、快晴の兆しが見えできるだけ焼岳登山の事は考えずまた次回計画。
PC250040.jpg

朝から大正池を後にして帰りは平湯温泉へ浸かり、また下道で京都東まで
戻る。山自体は登れずでしたが、冬の装備の歩きとテント泊は今シーズに向けて
のトレーニングなりました。後は天然水さんの車のオートクルーズ機能があること
を僕が発見し帰りは楽チン。持ち主は買って半年経っても知らなかったそうです。
PC250038.jpg
posted by trh122 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

川崎兵庫工場祭

川重兵庫車両工場見学祭に行く。
最新の鉄道を見るいい機会🚄

DSCF4075.jpg

身内が務めているので社員同伴で工場へ、もともと父親が務めていたので
小さい頃に行った記憶があるな〜

今じゃ電車も車体はアルミでライトもLEDか?温水便座も当たり前の時代になって
きてこれは驚きました。
DSCF4060.jpg DSCF4073.jpg

東北新幹線のE5 はやぶさです、まじかで見ると大きいです。
東京駅で見かけますが、ホームの上からなので大きく感じませんが、
現場では違いますね
DSCF4070.jpg DSCF4064.jpg

うちの身内が働いている現場、艤装課、電線関係を取付ているそうで、車体のあちこちに線を
這わします。工場なんか冷房や暖房がまともに無いし大変
DSCF4068.jpg DSCF4072.jpg

アルミで車体を作り、車輪も別の現場で作る、工場はとても広く歩くといい運動。
DSCF4101.jpg DSCF4108.jpg


雪国用の車体の頭部分とても頑丈、できた車両は防水試験にかける。
DSCF4097.jpg DSCF4079.jpg

昨日、阿部総理とインドの首相がこの工場に訪問してたようでその時にこの
E5はやぶさが映ってました。📷
DSCF4085.jpg

日本の最新技術の新幹線は負けませんね
DSCF4091.jpg
posted by trh122 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

各務ヶ原空自祭

今年も来ました、航空自衛隊各務原基地祭✈
晴天の下、アフターバーナーの爆音を見学

DSCF4058.jpg

前日の夕方に現地に到着、地元の銭湯や森の駐車場でキャンプとも
いえる過ごし方を定着、地元の土地周辺も把握できてきて馴染み深くなりました。

皆早朝から活動、僕たちも各務ヶ原市役所から電車で一駅乗り北門から入ります。
今年は、国産のハイテク機の展示があるせいか?人が多い。
DSCF4035.jpg DSCF4013.jpg

会場には空自主力のF-2 F-4 F-15といった同じみの戦闘機が駐機、ファンの熱い
視線が集まります。
DSCF3991.jpg DSCF3985.jpg

今回会場を一番湧かせてくれたアメリカ空軍のF-16、その機動力に脱帽でした
DSCF4016.jpg

格納庫にはF-2 F-4 F-15がまじかで見れそのカッコよさに感動です。
DSCF4009.jpg DSCF3996.jpg

見てもよく分からんけど、これが泣く子も黙る、アフターバーナ、炎と轟音が全身に響き渡ります
DSCF4044.jpg

根っからの空自マニアでないので一眼レフを持っていないのでばかちょんでは限界
DSCF4032.jpg DSCF4055.jpg

空中給油のデモンストレーション
DSCF4036.jpg

3時間待ちで見れなかった国産先進技術機X-2 要はステルス機ですね、
日本もようやくここまで来ました。
DSCF4039.jpg DSCF4040.jpg


アメリカ空軍のF-16は2台来てました、1機が展示飛行、離陸から垂直宙返りなど
機敏な旋回と運動性能、神業ですね、さすが米軍のパイロットはカッコええー
今年もいい航空祭でした。
DSCF4047.jpg
posted by trh122 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

御嶽山周辺散策

10月行楽シーズン、身内で木曽御嶽濁河温泉へ行く

中央道中津川ICからR19を長野方面へ、最初は阿寺渓谷へ^^
エメラルドグリーンのとてもきれいな渓谷。透明度は抜群
DSCF3867.jpg DSCF3872.jpg

それから途中、手打ちそばを食べ、木曽福島から御嶽山方面へ御嶽ロープウェイへ
スキー場のゴンドラに乗って上の広場は標高2150mぐらい、天気良く周辺のアルプスも
良く見えました。
DSCF3877.jpg DSCF3884.jpg

DSCF3889.jpg

広場から散歩道を進むと7合目の行者山荘へ着きます。ここからは本当の登山の
人だけ登ります。御嶽山は範囲が広く、2年前に噴火した剣が峰方向見えます。
DSCF3895.jpg DSCF3924.jpg

御嶽をぐるりと周り込み、チャオ御岳からさらに濁河温泉街へ、今回泊まった宿も源泉かけ流しで
料理も美味しく、静かな温泉情緒を味わえます^^番頭のおじさんも気さくで楽しませてもらいました。
DSCF3921.jpg DSCF3922.jpg

宿からすぐ上に御嶽への登山口と白糸の滝があります、予定では2週間前に登る予定でしたが、
ダウンして登れず次回はアイスクライミングで来るか、雪山か
DSCF3914.jpg DSCF3919.jpg

翌日十分に温泉を味わい、戻る方向へ赤沢自然休養林へ行きます。
DSCF3972.jpg

トロッコ路列車に乗り、帰りは1kmの道のりを紅葉を見ながら歩きます。
DSCF3936.jpg DSCF3943.jpg

何も考えず、たまたまこの時期に来ましたが、例年御嶽周辺は今ぐらいから紅葉が始まっていて
赤や黄色の森林があちこちにあります。
DSCF3946.jpg DSCF3960.jpg

一足早い紅葉をまじかに見れました。
DSCF3962.jpg

見ごろは10月25日からですね、ぜひ木曽周辺の散策をお勧めします。
DSCF3973.jpg
posted by trh122 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛車ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)
春の厳冬期?氷ノ山 by (04/01)
秋の氷ノ山 by アウトラン (10/12)