2017年08月28日

比良奥の深谷

8月最後の休日は比良の奥の深谷へ行く。
今シーズン、沢歩き6回連続、うち大台は2日間で、
実質7回となり皆勤賞

昨年行った口の深谷と同じエリアで勝手がわかりやすい。
ここのコースは人気があり、入渓してその良さが分かる。
DSCF2012.jpg DSCF2013.jpg

奥の深谷は比較的優しく短いコースである、沢の変化や景観がいい。
ロープ出しするか、水を泳いで行くかはリーダの判断次第で変わります。
DSCF2015.jpg DSCF2022.jpg

安全第一でタイブロックで抜けます。鳥取夜中発で参加の君の名はさん、
初のアルパインチックな形態に挑みます。
DSCF2023.jpg

大小幾つもの滝と激流、ジャブジャブ行くのもアドベンチャーでいいと思います。
DSCF2016.jpg DSCF2024.jpg

一か所滝超えで、水に浸かるか、かかるか、登るかで我々は登りを選択、
時間は掛かりますが、クライミングの練習?実践で行きます。
DSCF2028.jpg DSCF2032.jpg

ビレイの有難さを体験します
DSCF2034.jpg

登り詰めると今度は15mの懸垂下降、実践を経験する君の名はさん
DSCF2040.jpg

水がとてもきれいで川底も見えます、青の下で昼食、日常から解放される。
DSCF2050.jpg DSCF2057.jpg

二段の大滝も見栄え良く連なっています。
DSCF2048.jpg

攻め方次第で楽しさも変化します、今度は時間をかけて
ジャブジャブしながら行ってみよう^^
okufukadani.png

posted by trh122 at 09:51| Comment(0) | 自然探索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

涼しい大台ケ原

猛暑が続きます、近場の避暑地の大台ケ原へ行く。

標高約1600mは20℃で快適の朝でした。
P1050123.jpg

近畿に住んでいながら、大台ケ原は初めてです。日曜日夕方から現地へ向かいます。
冬場の大峰アイスの道なので(こちら)勝手が分かり行きやすいですね^^2月は大雪でした。

1年を通してまともに歩きをしていないカミさんを涼しいところのハイキングと連れてくる。
日出ヶ岳の展望の景色はいいですね。
P1050097.jpg P1050100.jpg

展望台から正木峠へ
P1050108.jpg P1050112.jpg

正木峠の景色はとても良く、枯れ木の雰囲気が別世界のようなロケーション。
P1050116.jpg

大蛇ーに向けて歩きます、途中正木ヶ原や神武天皇を通ります。
P1050130.jpg P1050137.jpg

歩き慣れていないカミさんにペースを合わせ、メインの大蛇ーに到着。
平日で誰もいません
P1050141.jpg

前方に見える岸壁はクライミングできそう。
P1050143.jpg

大名所?の大蛇ーに来れて、これで大台ケ原の話に寄れます^^
夏は早朝がお勧めですね。快晴でいいハイキングでした
P1050149.jpg
posted by trh122 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然探索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

済州島の旅そのB

済州島の朝、散歩に出掛ける。昨晩、Eマートから帰り、道を間違ったのでおさらいをする。

朝食はウニわかめスープを食べる、スープがおいしい海の香りがちょうどいい。CIMG1247.jpg

CIMG1245.jpg



お化け(トケビ)道路に行く、トケビとは韓国ではお化けを意味し、どちらかというとかわいい妖怪みたいです。

坂道に見えるのに、車やバスがかってに上りを走るし、ビンなどを置いても上りに向かって走り出す
といった、超不思議な現象です??人間の視覚ではどう見ても上りだけど、なんでだろう(*^_^*)

上っているように見えるけど実は下りです、車がかってに転がりだします。
CIMG1250.jpg

写真では手前が上り、奥が下りに見えるけど、道路に水をまくと、上りに見える”下り”に水が流れるし、
水平器を置いても、気泡は奥側(下りに見える上り)に傾くな〜
CIMG1255.jpg

理屈がわからんまま、次に向かうバス
漢拏山(標高1950m)の中腹1100mのところの湿地帯を見学、ここ最近雨が少ないようで乾燥していた。
とりあえず見学しただけ。
CIMG1263.jpg

島を南下し海岸地帯に行く、薬泉寺というお寺から沸き出ている水を飲むと病気やけがが治る言い伝えが
あり、皆こぞって水を飲む。
CIMG1273.jpg
CIMG1281.jpg

柱状節理に行く、柱状節理とは波と風をもって作り出したまるで 石大工が手入れをしたような4角形、6角形の石の柱が絶壁の上から岬の端まで整然と並んでいる。

マグマが地上に露出し、冷たい空気とぶつかり、収縮されて作られる現象である。
自然の物理です。
CIMG1288.jpg

エメラルドグリーンの海がすっごくきれいでしたぴかぴか(新しい)
CIMG1292.jpg
CIMG1291.jpg

入口にみかんが売ってあった美味しそうなので買おう、おばちゃん、みかんの網は回収して
袋につめる(^_^;) 商売上手
CIMG1287.jpg

ロッテホテルの免税店による、カミさんせっかく来たからとブランド品を買っていたな〜

昼食にキジしゃぶを食べる、ここは大侑狩猟場というところで、クレー射撃、室内射撃、四輪バギー、狩りなどが
できるアウトドアランドです。下調べでここでライフル銃が撃てるのは知っていたけど、
今回のツアーで行けないと思っていたので、超感激です。



キジしゃぶはあっさりして美味しい、キジと聞かなかったら鶏肉です。CIMG1298.jpg
CIMG1301.jpg

キジしゃぶはそこそこ食べて、二男といざ射撃場に行く迷わずライフルを選ぶ(^_^;)
SIG5シリーズのライフル、アメリカ海軍特殊部隊も採用しているライフルで重量がそれほど
重くなく機動性に優れている。15発で2700円
CIMG1315.jpgCIMG1308.jpg

最初の一発目は緊張する、トリガー(引き金)を引くけど、どのタイミングで弾が発射されるか?
わからないので緊張した、結構迫力があり、面白い。

私が撃った成績、息子はもっと精度よく中心に集まっていて上手い、将来の就職先は警察官か自衛隊か?(^_^)
CIMG1316.jpg
CIMG1312.jpg

天帝淵瀑布(滝)に行く、水量が少ないので見ごたえが無かったけど、景色は良かった。
CIMG1321.jpg

橋を渡れる70mぐらいは高さがある目
CIMG1776.jpg


CIMG1778.JPG

当初、他のメーカのプランで企画していたけど、宿泊が南部の海沿いのホテルだったことから、こちら(阪急TP)
市内宿泊のプランに変えた、晩に自分たちであちこち行けるので、遊びたい方は市内宿泊がおすすめです。

ミレーのお店で買い物したのと、城山日出峰登頂と射撃ができたことが一番楽しかったな〜わーい(嬉しい顔)

今度来る時は漢拏山登山ツアーかな。

posted by trh122 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然探索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
晴天の西穂高岳 by アウトラン (07/09)
晴天の西穂高岳 by 君野雄 (07/09)
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)