2017年07月24日

涼しい大台ケ原

猛暑が続きます、近場の避暑地の大台ケ原へ行く。

標高約1600mは20℃で快適の朝でした。
P1050123.jpg

近畿に住んでいながら、大台ケ原は初めてです。日曜日夕方から現地へ向かいます。
冬場の大峰アイスの道なので(こちら)勝手が分かり行きやすいですね^^2月は大雪でした。

1年を通してまともに歩きをしていないカミさんを涼しいところのハイキングと連れてくる。
日出ヶ岳の展望の景色はいいですね。
P1050097.jpg P1050100.jpg

展望台から正木峠へ
P1050108.jpg P1050112.jpg

正木峠の景色はとても良く、枯れ木の雰囲気が別世界のようなロケーション。
P1050116.jpg

大蛇ーに向けて歩きます、途中正木ヶ原や神武天皇を通ります。
P1050130.jpg P1050137.jpg

歩き慣れていないカミさんにペースを合わせ、メインの大蛇ーに到着。
平日で誰もいません
P1050141.jpg

前方に見える岸壁はクライミングできそう。
P1050143.jpg

大名所?の大蛇ーに来れて、これで大台ケ原の話に寄れます^^
夏は早朝がお勧めですね。快晴でいいハイキングでした
P1050149.jpg
posted by trh122 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然探索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

済州島の旅そのB

済州島の朝、散歩に出掛ける。昨晩、Eマートから帰り、道を間違ったのでおさらいをする。

朝食はウニわかめスープを食べる、スープがおいしい海の香りがちょうどいい。CIMG1247.jpg

CIMG1245.jpg



お化け(トケビ)道路に行く、トケビとは韓国ではお化けを意味し、どちらかというとかわいい妖怪みたいです。

坂道に見えるのに、車やバスがかってに上りを走るし、ビンなどを置いても上りに向かって走り出す
といった、超不思議な現象です??人間の視覚ではどう見ても上りだけど、なんでだろう(*^_^*)

上っているように見えるけど実は下りです、車がかってに転がりだします。
CIMG1250.jpg

写真では手前が上り、奥が下りに見えるけど、道路に水をまくと、上りに見える”下り”に水が流れるし、
水平器を置いても、気泡は奥側(下りに見える上り)に傾くな〜
CIMG1255.jpg

理屈がわからんまま、次に向かうバス
漢拏山(標高1950m)の中腹1100mのところの湿地帯を見学、ここ最近雨が少ないようで乾燥していた。
とりあえず見学しただけ。
CIMG1263.jpg

島を南下し海岸地帯に行く、薬泉寺というお寺から沸き出ている水を飲むと病気やけがが治る言い伝えが
あり、皆こぞって水を飲む。
CIMG1273.jpg
CIMG1281.jpg

柱状節理に行く、柱状節理とは波と風をもって作り出したまるで 石大工が手入れをしたような4角形、6角形の石の柱が絶壁の上から岬の端まで整然と並んでいる。

マグマが地上に露出し、冷たい空気とぶつかり、収縮されて作られる現象である。
自然の物理です。
CIMG1288.jpg

エメラルドグリーンの海がすっごくきれいでしたぴかぴか(新しい)
CIMG1292.jpg
CIMG1291.jpg

入口にみかんが売ってあった美味しそうなので買おう、おばちゃん、みかんの網は回収して
袋につめる(^_^;) 商売上手
CIMG1287.jpg

ロッテホテルの免税店による、カミさんせっかく来たからとブランド品を買っていたな〜

昼食にキジしゃぶを食べる、ここは大侑狩猟場というところで、クレー射撃、室内射撃、四輪バギー、狩りなどが
できるアウトドアランドです。下調べでここでライフル銃が撃てるのは知っていたけど、
今回のツアーで行けないと思っていたので、超感激です。



キジしゃぶはあっさりして美味しい、キジと聞かなかったら鶏肉です。CIMG1298.jpg
CIMG1301.jpg

キジしゃぶはそこそこ食べて、二男といざ射撃場に行く迷わずライフルを選ぶ(^_^;)
SIG5シリーズのライフル、アメリカ海軍特殊部隊も採用しているライフルで重量がそれほど
重くなく機動性に優れている。15発で2700円
CIMG1315.jpgCIMG1308.jpg

最初の一発目は緊張する、トリガー(引き金)を引くけど、どのタイミングで弾が発射されるか?
わからないので緊張した、結構迫力があり、面白い。

私が撃った成績、息子はもっと精度よく中心に集まっていて上手い、将来の就職先は警察官か自衛隊か?(^_^)
CIMG1316.jpg
CIMG1312.jpg

天帝淵瀑布(滝)に行く、水量が少ないので見ごたえが無かったけど、景色は良かった。
CIMG1321.jpg

橋を渡れる70mぐらいは高さがある目
CIMG1776.jpg


CIMG1778.JPG

当初、他のメーカのプランで企画していたけど、宿泊が南部の海沿いのホテルだったことから、こちら(阪急TP)
市内宿泊のプランに変えた、晩に自分たちであちこち行けるので、遊びたい方は市内宿泊がおすすめです。

ミレーのお店で買い物したのと、城山日出峰登頂と射撃ができたことが一番楽しかったな〜わーい(嬉しい顔)

今度来る時は漢拏山登山ツアーかな。

posted by trh122 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然探索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

済州島の旅そのA

二日目、朝から周辺の散歩に出かける、気温は低く清々しい、30分ぐらい歩き周ると
居場所がわからなくなり、急いでホテルに戻るダッシュ(走り出すさま)

朝はアワビのお粥定食を食べる、新鮮なアワビは肝も混ぜるので緑がかるそうです。
水槽には沢山のアワビです。
CIMG1123.jpg
CIMG1124.jpg

世界文化遺産の万丈洞窟に行く、20〜30万年前の火山噴火で溶岩流が海まで流れ、その隆起によってできた地下洞窟で総全長は8kmとも世界最大規模です。

島内にいくつか発見されていて、うち一つが公開され(1km)います。溶岩の層がくっきりと分かり、
まるで、エイリアンでも出てきそうな雰囲気の洞窟でした、気温は13.5度で半袖ではとても寒いですがく〜(落胆した顔)
暗い過ぎて、写真は取れません・・・。島の形に似た溶岩
CIMG1147.jpg
CIMG1140.jpg

世界文化遺産の城山日出峰に行く、約5000年前浅い海に沈んでいた溶岩台地の上から海底火山が噴出し、できた凝灰丘です。高さ182m、噴火口直径は129u、噴火口深さ90mにもなり、まるで王冠のようにも見えます目
大きすぎて全体の雰囲気がわからないので写真を載せる。
CIMG1324.jpg

町側から見た光景、上の写真で右側になります、頂上まで階段があり、せっかくきたからには
頂上まで目指す、山登り人間の魂が湧く手(グー)
CIMG1155.jpg

見学時間があるので駆け足で登るあせあせ(飛び散る汗)頂上までわずか9分で登る(^_^;)
CIMG1164.jpg

頂上はこんな感じ、クレータ状です
CIMG1163.jpg

景色は抜群
CIMG1168.jpg

登頂した達成感にふける、家族にはアホ扱いされる・・・(-.-)
CIMG1174.jpg

昼食はあまダイの塩焼き、一見するとどこがお店?というようなところで頂く、
自分にしたらただの干物
CIMG1177.jpg

追加でアワビのバター焼き(1000円)とチジミ(1200円)を食べる、アワビはまあまあ大きい。
CIMG1179.jpg
CIMG1180.jpg

ドラマオールインのロケ地と岬に行く、韓流ドラマをしらない自分は全然興味なし、風景のほうが
いいので、さっき登った城山日出峰を撮る、あとでカミさんに怒られる(-_-;)
CIMG1185.jpg
CIMG1184.jpg

CIMG1188.jpg
CIMG1189.jpg
民族村に行く、ドラマのロケも行われたみたい、エリアはイマイチかも
CIMG1193.jpg

CIMG1201.jpg

サングムブリ=火山の噴火口見学に行く、周囲2km広大な噴火口跡です、周囲にはいくつもの
火山があり、火山だった特有のてっぺんが凹んでいるのが特徴目
CIMG1209.jpg
CIMG1208.jpg

CIMG1204.jpg

夕食は黒豚カルビを食べる、やわらかくでウマい!他に牛も食べて満腹だー(#^.^#)
CIMG1220.jpg

ホテルに戻って、家族全員で足マッサージに出かける、50分で4000円とちょと高い気も
したけど、足全体と腕、肩、首、頭と背中以外は全部だったのでいいとしよう〜極楽気分
近くにEマート(スーパー)店内を探索しお土産を買う、超安いひらめき
CIMG1231.jpg
CIMG1224.jpg

ホテルに戻りEマートで買ったケーキを食べる、二男の誕生日なのだ。
日本だったら、100個のうち10個ぐらいしか売れないような味だけど、まあいいかーわーい(嬉しい顔)
CIMG1228.jpg

二日目終了ぴかぴか(新しい)

posted by trh122 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然探索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
晴天の西穂高岳 by アウトラン (07/09)
晴天の西穂高岳 by 君野雄 (07/09)
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)