2016年12月26日

平湯でテン泊練習

年末最終に平湯に行き焼岳雪山登山の計画を立てる。

ハプニングもあり大正池で冬季テント泊へ変更
過去2年西穂独標へチャレンジし今年は焼岳でもとテン泊計画を立てる。
天然水さんの車で行きも順調に現地についたのに、中の湯登山口までの
林道を門の前で旅館の関係者に3連休なので一般登山者の車は通行出来ない
と門前払いを受ける。色々と交渉してもダメだった・・。先週は行けてたのにな〜

これまで順調に進んでいた工程が大幅に崩れ、仕方なく沢渡まで行き、タクシーで
また釜トンネルまで戻る。時間工程的にも旅館の登山口まで重装備で上がるにも
ロスがある。別のルートで進んでみたけど、こちらも時間的にも距離でも困難で
あると判断し、やむなく上高地でのテント泊に変更する
PC240002.jpg


冬季閉鎖の上高地でも散策や登山訓練で向かう人も多く僕たちも重装備を担いで
トンネルを進むが結構登りで脚にくるおよそ3`

釜トンネルを抜けると新しい上高地トンネルがありバスの往来も良くなっていた。
PC240011.jpg PC240009.jpg

下道走りで早朝岐阜から走り出し現場でバタバタして段々と疲れも出てきたので今回は
大正池でテント泊とし忘年会歩きと気分を変える⛄
PC240013.jpg 

焼岳が見える、本来ならあの中腹の平たいところでテント泊
PC250033.jpg

時間は十分にあるので酒につまみと天然水さん自慢のすき焼き鍋を頂く。
ほぼ半年振りの再開で延々と話しが尽きない
PC240024.jpg 

夜中も深々として星空もきれいでクリスマスにいい天気でした。
翌朝、快晴の兆しが見えできるだけ焼岳登山の事は考えずまた次回計画。
PC250040.jpg

朝から大正池を後にして帰りは平湯温泉へ浸かり、また下道で京都東まで
戻る。山自体は登れずでしたが、冬の装備の歩きとテント泊は今シーズに向けて
のトレーニングなりました。後は天然水さんの車のオートクルーズ機能があること
を僕が発見し帰りは楽チン。持ち主は買って半年経っても知らなかったそうです。
PC250038.jpg
posted by trh122 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445260557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)
春の厳冬期?氷ノ山 by (04/01)
秋の氷ノ山 by アウトラン (10/12)