2017年05月28日

2017美保基地航空祭

快晴の米子大山のふもと、ブルーインパルスのフライトを見る。

きれいなハート
DSCF4239.jpg

今年初自衛隊イベント、以前から検討していた美保基地祭、
前日から大山入りで朝は楽々。
DSCF4145.jpg

米子鬼太郎空港と併設して第三輸送航空隊がある。
天気も良すぎるくらいです
DSCF4146.jpg DSCF4156.jpg

岐阜の航空祭とは違い、C130輸送機やP3C哨戒機がその大きな期待が迫力です。
DSCF4151.jpg DSCF4154.jpg

今日のメインはブルーインパルス、機体が6号機あります。F3の機体でとてもきれいですね^^
DSCF4157.jpg DSCF4162.jpg

それと今日はもう一つお目あてのC2輸送機、美保基地に4機配属で試験飛行中、
最新型でそのバカでかい大きさにくぎ付け、飛行展示も良かったです
DSCF4164.jpg DSCF4176.jpg

C1輸送機から習志野第一空挺部隊の降下
DSCF4193.jpg

C2輸送機2機での飛行展示も良かった、大山をバックに飛行機が飛んで絵になりました。
DSCF4213.jpg DSCF4217.jpg

ブルーインパルスのパイロットがサインと撮影会にひっぱりだこ
皆お目当てのパイロットと撮影や握手、手土産などまるで芸能人なみの
扱いでカッコ良かったです^^
DSCF4214.jpg

スモークをまきながらショーが始まりました。
4機編隊、2機編隊と巧みな技を披露。
DSCF4226.jpg

DSCF4231.jpg

青空で描くスモークがきれい。
DSCF4245.jpg

ハートや星型のアクロバット飛行は絶妙なタイミングで描かれています。
今日の航空祭はナンバーワンでした
DSCF4250.jpg
posted by trh122 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛車ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

晴天の西穂高岳

2017雪山登山最終回、北アルプス西穂高岳(2909M)に登る。

晴天直射日光を受けながら、暑い登山を強いられる。
西穂直下を下りる天然水さん。
DSCF1868.jpg

5月4日夕方出発、GWの渋滞に巻込まれながら0時前に飛騨清美の道の駅で仮眠。
まともに寝れてない状態でアカンダナ5時台のバスで上高地へ着く。

今回の工程はとてもハード、アタック予定日の6日がの予定で5日中に登る
ことが必須で、1案の奥明神は却下、二案の西穂高沢に変更、キャンプ場も
岳沢→小梨平に変更。 到着後すぐにテント設営。AM6時45出発。
DSCF1884.jpg

アタック装備でとりあえず、西穂高沢へ目指す、寝れてない状態での
樹林帯の登りすら堪える、果てしてどこまで登れるか?

天候は良すぎるぐらい快晴で目指す西穂高沢も明瞭でたくさんの登山隊が見えます。
DSCF1816.jpg DSCF1818.jpg

岳沢を途中横切り西穂高沢の取りつきへ、大きな雪崩後がある、前日もコブ沢で事故
DSCF1819.jpg

快晴で有難い天候ですが容赦ない日差しが暑く、寝不足の身体に
大きな負担をかける過酷な登りとなります。
DSCF1828.jpg

しんどいですが、対岸の奥明神沢や明神岳主峰を見ると気分がいいですね、
また来年はあちらに行きましょう。
DSCF1822.jpg

岳沢早朝組は早くも午前中からほとんど下山にかかっている。僕たち当日組は
その快適そうな隊とは対象でひーこらで上がる、2700M地点は息が切れまくり
それより、天気が良すぎて、雪崩の心配もありとてつもなく恐怖心がある・・・。
DSCF1831.jpg DSCF1838.jpg

稜線直下の三角岩を右巻きで上がる、すぐ横に西穂高があると他の登山者に
教えてもらい、最後の踏ん張りで上がる。
DSCF1852.jpg

12時45分、西穂高(2909M)に登頂、出発から6時間かかって何とか登れました。
しんどい思いをした分、達成感も今年は天然水さんとたった二人だけで、
練習を積んできて寂しい面もありましたが、登ることができて良かった。
DSCF1854.jpg

目の前には奥穂ジャンダルム方面
DSCF1850.jpg

前穂高、槍方面も、ここに来て直射日光の暑さでたまらん快晴の天気に感謝ですね。
DSCF1851.jpg DSCF1849.jpg

遅く登って来たおかげで、山頂には単独の兄ちゃん含めて、僕ら3人だけでゆっくり
写真撮影が出来ました。
DSCF1858.jpg 

西穂山荘方面、山頂下りは慎重にバックで降ります。
DSCF1863.jpg DSCF1866.jpg

下りはある程度慎重にシリセードで楽々、あっという間に下る。
DSCF1877.jpg

明神岳を5峰から主峰をじっくりと観察し、また行けるように考える。
16時半に小梨平に着き、しんどかった登頂を語り早めの就寝🌙
DSCF1881.jpg

翌朝早々からが降る、久しぶりの強攻登山でしたがの時に上がれて
良かったです、次回は日程的に融通を持って計画しましょう。
来年は明神主峰
nisihotakasawa.png
posted by trh122 at 09:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
晴天の西穂高岳 by アウトラン (07/09)
晴天の西穂高岳 by 君野雄 (07/09)
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)