2016年08月15日

木曽福島幸ノ川沢登り

8月連休、木曽の沢歩き本番へ行く
近畿では味わえない規模の大きさと青空下の沢を体験
DSCF1621.jpg

これまで過去兵庫県内の地元の沢程度、今年は比良山系で
練習の甲斐あって初の長野沢歩き遠征です

一日目は移動日、渋滞の名神を避け名阪から名古屋経由で木曽街道
木曽福島の旧スキー場で野営、翌日の工程へ向け前夜祭
DSCF1562.jpg

幸ノ沢まで長い林道、福島Bコースを目指す。予定は2400mの7合避難小屋で宿泊
翌日下山、工程差約1000m、宿泊と食事装備を担いでの登攀になります。
DSCF1563.jpg DSCF1564.jpg

近畿の沢とは違い花崗岩で歩き易く水はとてもきれい、谷が開けていて
青空もありロケーションの大きさに圧倒と滝の数が多すぎ
DSCF1572.jpg

ベテラン先生に続き近所の奥さん激流の中ステミングで登る^^
DSCF1576.jpg DSCF1577.jpg

谷のあちこちから水が流れていてここが標高1700mとは思えない、中央アルプス
山系の雄大さを知る。
DSCF1578.jpg DSCF1582.jpg

はるか上方から三段に流れ落ちる滝、高さが半端なくある、景色に感動しつつも
これからこんな滝がなんぼでもあると聞き、2400mまでたどり着けるかと思いました。
DSCF1580.jpg

全体的に滝は巻けば登れ無くもないけど、ロープ出しのほうが近道も、
先生は二人分の重たい装備でリードする姿に脱帽
DSCF1592.jpg DSCF1597.jpg

ここ何週も練習してきたので全体のペースも良くいい滝があれば写真も撮る余裕も^^
DSCF1591.jpg DSCF1589.jpg

大小いくつも滝を登る、30m級の穏やかそうな滝が現れる、装備が軽ければ
フリーで登れても皆重い装備なので負荷もある安全にロープ出し。
DSCF1602.jpg DSCF1606.jpg

DSCF1609.jpg

標高も2000m付近になると高度感と開放感を味わる、
当然息切れもする。ほぼ尾根へ直登こらー凄いわ
DSCF1614.jpg 

地元のお気楽沢歩きだけではしんどかったかも、比良での練習の
成果があったと実感する
DSCF1623.jpg

だいぶ上がって来た、はるか眼下には駐車場の車が小さく見えます。
DSCF1629.jpg

いいペースで登って来ましたが急用でその日のうちに下山となる。
2400まで残りの200mの急登りに息を切らしながら頑張り稜線へ出る。🏁
DSCF1652.jpg DSCF1654.jpg

稜線から出発点を見る、よくこんな高さから水が湧き出ているのは不思議です、
山からもらえ得る恩恵はたくさんある。
DSCF1656.jpg

稜線で装備を変え歩くと7合避難小屋に出る、暖炉、水洗トイレ、フロアもきれい、
本来はここで泊まる予定でしたがまたの機会、そのままの装備で福島Bコースへ下る。
DSCF1658.jpg DSCF1668.jpg

今度は11月ぐらい来るかな、木曽駒近いしいいかもしれない。
DSCF1661.jpg DSCF1662.jpg

福島Bコース険しくも無いけどところどころ整備が崩れています。
DSCF1670.jpg

軽装であれば十分日帰りレベル、結局11時間はかかった
沢登りとは言え2400mまで段差ある滝を直登で幾つも超えます。
同じ高さの焼岳に登るほうが楽ですね。
kounosawa.png


posted by trh122 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

山の日に

夏季連休に入った、初日に氷ノ山の歩きとテント泊をする。

早朝から車を走らせる、ここ最近はハードな沢歩きが続いたので、
遠征前に簡単な歩き^^山頂にはたくさん人が来てました。
IMG_2542.jpg

午前中は割と涼しかった、山頂も景色良く日本海まで見えた。
IMG_2533.jpg

その足で峰山の駐車場でテント泊、川の流れる音だけ。
IMG_2548.jpg

今回の目的は新しいマットを試す、160cm級で
軽く厚みもある寝心地も良かった、今度の雪山はこれだ^^
IMG_2547.jpg IMG_2555.jpg
明け方はなんと、15℃しかなくとても寒かった天然クーラで快適でした。
posted by trh122 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

比良口ノ深谷

先週の八番谷に引き続き比良、口ノ深谷へ
豪快な滝に打たれる
DSCF1539.jpg

坊村から明王谷沿いの林道を歩き入山、全行程は約10kmに近く
そのうち半分は沢、時間を見て進みます。
DSCF1455.jpg

入渓してすぐさま、一回目の登攀今回最もの核心は最上段から
の上がりでとても厳しい、撤退用の残置がある意味が分かります
リードで突破するベテラン先生の凄さを垣間見る。その次の巻きも結構やらしかったです。
DSCF1463.jpg DSCF1467.jpg


谷の規模は先週より大きいし長い、早く進むが大事
DSCF1488.jpg DSCF1485.jpg

久しぶり合流した友人君の動きを見ていると足の運び方がうまい、同じ動きをすると
登り易かった、たいしたもんやなー勉強になりましたね。

13mのゴルジュを発見、さすがにここは巻きましたけど、自然の渓谷美に圧巻。
今回高巻きがいくつもあり、結構やばいところをトラバースです、緊張
DSCF1514.jpg DSCF1469.jpg

後半は高さのある巨大岩群を抜けます、まだまだ気が緩めません。
DSCF1507.jpg 

大きい滝は巻きます時間がありません。
DSCF1476.jpg

終盤の15m滝とてもええ景色、皆思い思いの撮影と中年二人は荒行を実施(^^♪
DSCF1522.jpg

こんな面白いアトラクションができるのは夏ならではです
DSCF1539.jpg

滝の左を巻いて上がります、最後の高巻きで気を引き締めました。
DSCF1548.jpg

大滝を過ぎると平凡な河原になり楽しかった遡行も終わりを告げる。
装備を変え登山道へ、先週登った武奈ヶ岳が見えます。
DSCF1553.jpg DSCF1556.jpg

行動時間は先週と同じ10時間ぐらいで距離は約10km帰り道も歩き易いです。
帰りは神戸の花火を見ながら帰りとてもいい一日でした。
kukatani.png
posted by trh122 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)
春の厳冬期?氷ノ山 by (04/01)
秋の氷ノ山 by アウトラン (10/12)