2016年07月31日

比良八幡谷から武奈ヶ岳

比良の八幡谷へ沢歩き、最終武奈ヶ岳登頂へととても
ハードな一日を楽しみむ

DSCF1391.jpg

朝5時30地元出発、八幡谷ふもとまで行き8時から谷へむかう。
大きな堰堤を超えると谷への遡上開始。

兵庫県の谷に比べると開けている、規模も大きいほうでワンポイントの登攀がいくつも続く
DSCF1353.jpg DSCF1371.jpg

前半の滝、わりと登り易いほうですがリードとなると微妙
DSCF1382.jpg

水も冷たく気温も低い、夏場ならではの沢登りの醍醐味^^
DSCF1358.jpg

ベテラン先生は水を得た魚のごとくどんな登りも危なげなく簡単そうに登る、
沢登りは岩は剥がれるしコケで滑るし、落ちたらたまらん、結構緊張しました
DSCF1395.jpg 

後半の核心の滝上部、流れる冷水と剥がれ岩にプロテクションもわずかなほど
今回ここは怖かったところ
DSCF1384.jpg



今回フリーで行けそうでも先生のお助けロープでだいぶ安全に登れました感謝ですね。
DSCF1421.jpg DSCF1425.jpg😠

どこまで続く沢、武奈ヶ岳の稜線までまだまだ続く、時間も押してきて巻くが
これもまたしんどい
DSCF1434.jpg

充分ほど沢歩きを続ける、樹林帯もヒーハーであがる
DSCF1372.jpg

やっとの思いで武奈ヶ岳稜線に出るせっかくここまで来たので頂上へ。朝8時出発で山頂に夕方の4時に着いた。
頂上におじさん二人がどろどろの僕たちを見て少々驚いた様子でした。🏁
DSCF1439.jpg DSCF1440.jpg

喜んでいるのもつかの間早く降りないと行けない、今度は尾根を延々と激下りで2時間
駐車場に夕方6時に着いた、久々の耐久感がありました。
帰りは名神の渋滞にハマって帰宅は22時🌙
DSCF1452.jpg

早朝から遅くまでとても楽しくストレス解消な一日になりましたね
buna.jpg


posted by trh122 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

草津の旅

日ごろから行ってみたいと思っていました群馬県草津温泉へ♨

まずは長野善光寺へ
DSCF3683.jpg

長野からR292を走る、白根山は霧状でロープウェイは乗らず代わりに
殺傷河原を歩きまじかで硫黄の噴火を見る
DSCF3693.jpg

怖い殺傷河原から草津温泉はすぐで念願の湯畑を見る。じつに素晴らしい
DSCF3738.jpg

温泉街に公共の温泉があるせっかくなので2つの風呂を入る温泉は白濁していて
とても熱いけど気持いい
DSCF3737.jpg DSCF3730.jpg

熱ノ湯で草津名物の湯もみ、お客さんも交じってお湯をかいだりできます^^
DSCF3711.jpg DSCF3742.jpg

温泉通りに今回泊まった宿、料金は安く古さはかなりあるが貸し切り露天風呂もあり
温泉は抜群、隣の饅頭屋は無料で饅頭を配ってくれて何回も食べました^^
DSCF3776.jpg DSCF3799.jpg

晩に湯畑を見に行く、ライトアップされてとてもきれい
DSCF3774.jpg

翌日旅館から歩いてすぐに西の河原公園がある、あちこちから温泉が湧き出ていて
じかに触れることができてとてもええとこ♨
DSCF3777.jpg DSCF3778.jpg

涼しかった草津温泉から浅間火山の鬼押出し園を見学、広大な溶岩台地が起伏して
奇妙な形状がまるで外国にいるようです
DSCF3812.jpg

浅間山火山舘を見学して、南下しながら白糸の滝を見る、ただの滝に見えますが
良く見ると岩盤の隙間から流れ出ているのが珍しい。
DSCF3827.jpg


最終日は松本市内で松本城を見学、城内はせせこましく、歴史感があって
とても面白い、戦国時代の鉄砲もたくさん展示しています。
DSCF3838.jpg DSCF3844.jpg

松本市内はあちこちで湧き水があって、持参した容器にたくさん入れて帰りました。
帰りは中津川まで19号線で帰る、全行程1100km走りましたが草津温泉とても
楽しめました、次回は白根山の警戒レベルが解除になったら行こうかな
DSCF3850.jpg
posted by trh122 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛車ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

2016掛ケ谷沢歩き

今年は早くも沢歩きを開始、掛ケ谷三の滝歩き

早速、第一登攀からです
P1040846.jpg

前日まで雨だったので水量はいつもの倍ぐらいで勢い良く流れる音を聞きながら
の登攀はとても緊張します
P1040851.jpg P1040854.jpg

続いて僕のリードの後に2号さんを引き上げます。
上から見下ろすと迫力があります。
P1040858.jpg

今回新型の沢靴、KR3Rを履いてみた、岩だけならグリップは抜群、コケも滑る
ことは少ないけど、横に荷重をかけると滑ると思うので、無造作な足の運びは
しないほうがいいかも。 充分使える範囲です。
P1040869.jpg P1040871.jpg

行くとこ行くとこ水量が多く冷たい、下界の暑さに比べると贅沢ですね、
P1040874.jpg P1040890.jpg

二の滝もめちゃくちゃ、水量が多く勢いが凄い、近づけません
P1040883.jpg

三の滝もやはり凄い勢いの水やな〜やばいぐらい
P1040898.jpg

せっかく来たので、一人づつ滝に近づき修行、滝裏に回るとしぶきで息ができない、
皆思い思いの念仏は出来たことでしょう〜^^
P1040904.jpg P1040907.jpg

また暑い時にきて見よう
P1040901.jpg
posted by trh122 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)
春の厳冬期?氷ノ山 by (04/01)
秋の氷ノ山 by アウトラン (10/12)