2016年06月11日

広島散策

近場の広島へ行く、江田島からスタート

旧海軍兵学校へ見学
現在は海上自衛隊の士官学校、第一術学校
DSCF3600.jpg

江田島へは車で行けます、橋を2つ渡り海沿いの道路を走ります。
見学は当日参加のみ門で記帳します。一日3回ありこの日は午前の部で見学。
結構参加者も多かったです。


まずは大講堂で海自の卒業式とかに使用するそうで建物内部はとても立派で
音が反響するのでマイクは使用しないそうです。
案内人のおじさんの話がとても面白く皆さんとてもウケてました
DSCF3573.jpg DSCF3566.jpg


通称「赤レンガ」と呼ばれ全国的に有名な、幹部候補生学校庁舎は、日清戦争の前年、明治26年
(1893)に海軍兵学校生徒館としてその生活、教育のため建築されました。
うちの会社の創業者もここの出身で良く講和でここでの大変な訓練の話を聞きましたねー
DSCF3575.jpg

教育資料舘ここには当時の記帳な物が展示したり隊員の遺書など展示で撮影NG
とても貴重な場所です。建物自体の作りも目を見張る物があり、見学無料でとても良かったかと。
DSCF3583.jpg DSCF3585.jpg

海自からすぐ近くの食堂で昼食、刺身の定食が食べれる。
平日のせいか?種類もあまりないというかほとんど売り切れに近く
食べれただけましだけど観光地値段やな〜
DSCF3604.jpg

すぐまた近くに豆腐のお店があり店内で昼食もできます、100円の豆腐を
店内で食べました。
DSCF3613.jpg DSCF3607.jpg

広島市内へ呉経由で進む、呉の海自港には空母型が2隻も停泊してて
とても凄いかった、写真が撮れる場所でなかったけど
DSCF3619.jpg

市内のおたふくソース舘へ見学、おたふくソースの歴史や作り方とか見れます。
酢の試飲やいろんなソースが買えます。
DSCF3621.jpg DSCF3626.jpg

泊まったホテルの近くに有名な広島焼きのお店で食べる、とても美味しいです。
DSCF3641.jpg DSCF3639.jpg

店内も入りやすく落ち着けて良かった🍺
DSCF3638.jpg

翌日、平和記念資料舘へとオバマ大統領が折った織鶴も展示してました。
結構朝からでも外国人の方も多く日本人より真剣に資料を見てたかも。
原子爆弾の破壊力に驚くばかりです
DSCF3643.jpg DSCF3649.jpg

原爆ドームを見る歴史遺産とは言え耐震化の波は避けられず、良く知っている大手ゼネコンさん
が内側から鉄骨補強工事を施している最中でした。
ホテルまで路面電車に乗り楽々戻ります^^
DSCF3663.jpg DSCF3668.jpg

帰りに駅北のもみじ饅頭のにしき堂へ店内もひろくお土産を買うにはいい、
ただ駐車場もまともになく、隣のタイムズに停める。
試食や駐車券タダになるとかサービス精神がない
DSCF3669.jpg

ともあれ近場であれこれ楽しめ広島はいいところですね💡
posted by trh122 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛車ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

立山縦走

中途半端時期ですが立山連邦縦走歩きに行く。
天候にも恵まれて歩きを楽しむ^^

DSCF1284.jpg

数年前の単独での劔岳以来(こちら)ここに来ること無く、5月連休あたりの
雪の立山にも行けずでここらで来る。
雷鳥平にテントを張り翌日の登山前に近くの尾根で体を慣らす。
DSCF1179.jpg DSCF1188.jpg

ほどよく練習の後は雷鳥ヒュッテの激熱風呂で名物なのか行く前に聞いていたけどマジ熱い
晩は天然水さんの上手い旨辛鍋を食べて明日の栄養を蓄える^^

翌朝立山雄山に向けて一の越へ目指す、途中雷鳥さんがお出迎え
DSCF1244.jpg DSCF1241.jpg

雄山への登りの道はがれがれで目印もわかり難く意外と不親切だ観光登山にしては
珍しい。そうこうして雄山へつき日ごろの願い事を祈る。
DSCF1252.jpg DSCF1277.jpg

雄山から別山に向けて歩く、景色も良く快適な歩きです
DSCF1279.jpg

これも見たかった避難小屋、前にドラマのロケがあったところ。
別山へのやさしい道のりがいい
DSCF1288.jpg DSCF1305.jpg

気温は一ケタ台か汗もそれほどかかないので今ぐらいに来たほうがいいかもね。
DSCF1301.jpg 

別山への登り下から見るより案外勝負早く登れます、立派な祠でまた祈り。
DSCF1307.jpg DSCF1308.jpg

別山北峰から劔岳を見る、単独で行った記憶がよみがえり自分に感動する
しんどくても歯をくしばって黙って山頂に登ることが登山の醍醐味だヘタレ登山はしない。
この時期平蔵谷の雪渓からあがれるようだが傾斜がきついかな〜
DSCF1315.jpg

劔沢も今なら楽勝で降りれる、来年はまた行ってみたいな〜
DSCF1316.jpg

劔岳をよく観察したあとは劔御前小屋から雪渓を下る、アイゼンはあったほうがいい
DSCF1320.jpg DSCF1335.jpg

予定通りのコースと時間でキャンプ場戻れまた熱い温泉で疲れを癒す。
DSCF1337.jpg DSCF1343.jpg

今年は例年とは違いこの時期までまとも遠征登山ができず到着日だけは違和感があったけど
歩きは問題なかった。後は計画表通りの持ち物が揃って無いとか個人のテントを雑に扱うなど
課題が残ったけど(笑)
posted by trh122 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)
春の厳冬期?氷ノ山 by (04/01)
秋の氷ノ山 by アウトラン (10/12)