2015年08月03日

氷ノ山12時間耐久沢登り

沢登り第二弾、氷ノ山 八木川不動谷へ行く車(セダン)
盛りだくさんの滝コース、ちょっと遅くなりました
DSCF0649.jpg

今シーズンは沢歩きが快調、天候が変わらないうちにと不動谷へ
朝5時半集合で現地アタック7時30過ぎ、先週のメンバーです^^
DSCF0637.jpg

序盤から40m級の滝です
ベテラン先生のリードで始まります
DSCF0642.jpg

女性陣も始めて見るこの大滝に緊張しながらも、無難にクリアしていきます^^
DSCF0645.jpg DSCF0650.jpg

二番目の滝、ここは僕らでも普通に歩ける
DSCF0655.jpg

氷ノ山の谷には大きい滝がいくつもあります、ここは無難に巻きます
DSCF0657.jpg

とても涼しく気持ちいいです
DSCF0660.jpg

巻いた上の川原でお昼をします、陽気なお姉さんが
みんなの分のソーセージを焼いたり、餅いりぜんざいまで用意して
くれました。 美味しかったわーい(嬉しい顔)
DSCF0665.jpg

沢登りに付き物の巻き、土ドロ壁である意味、苦戦します
誰か一人、ズリ落ちてました^^
DSCF0663.jpg

幾度と無く、沢をまたぎ上流へ
DSCF0668.jpg

通称流木の滝、僕が始めてきた2年前はここが怖かったな〜
今回はハーケンの回収を担当手(チョキ)
DSCF0673.jpg

氷ノ山は山歩きが主流ですが、沢も豊富です、その分危険も多く、
50mの懸垂もします
DSCF0678.jpg DSCF0681.jpg

険しい巻きを右往左往していると、段々時間が押してきます、
最後のドロ草付の壁をアタック
DSCF0685.jpg


皆どろどろで上がります
DSCF0687.jpg

沢の時点で4時ぐらい、最後の熊笹地帯へ突入、つき刺さる笹をかいくぐりながら
こしき岩付近の尾根へようやく着く、夕方の5時半ぐらい(笑) 登山者はいません
DSCF0679.jpg DSCF0688.jpg

この時点では山頂の景色もきれいで、見えない藪漕ぎから開放されてホッとしてました
DSCF0689.jpg

急ぎ脚で下山しましたが、暗くなってしまい、ヘッドランプで降りました。
帰る支度をして、親水公園を20時過ぎ出発満月

アタック開始から下山まで約12時間ふらふら とても充実した一日でした。
DSCF0691.jpg

上流付近から尾根に向かって直登りしています、
道なき道を登りますのでちょっと大変です
hyonosenn.png



















posted by trh122 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
晴天の西穂高岳 by アウトラン (07/09)
晴天の西穂高岳 by 君野雄 (07/09)
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)