2015年05月24日

スーパーフォーミュラー岡山

2015年SUPER FORMULA 第二戦岡山 7年ぶりの開催モータースポーツ
DSCF3009.jpg

今年はSUPER GTは見に行かずでこのSUPER FORMULAを見てみようと
岡山国際サーキットへ、ついて驚いたのが場内駐車場がこれまでに砂利駐車場から
なんと、前面アスファルトになっていたので驚きました サーキットらしくなりましたね

DSCF2980.jpg

さすがにGTに比べると客の入りは少ないほうでスタンド席もどこでも見れます、
一度フォーミュラーカーの走りを見てみたかったのですが、エンジン音は以外に
車チックで減速時なんかバコバコ言ってました。F1のようなかん高い音を想像してました
DSCF2989.jpg DSCF3013.jpg

監督トークショーでは近藤マッチ監督やAKB48 TEAM8のメンバーも歌っていて
レース外でも楽しめました
DSCF3003.jpg DSCF3005.jpg

展示のマシンもエンジンをかけてバンバン言わしてるしええ音やー
DSCF2998.jpg

レースのほうは好天すぎて日差しが暑く気温29℃で見ているほうも暑かった晴れ
地元小林可夢偉は2位で検討、後半に一度もつれましたが良しでしょう
DSCF3013.jpg

スタート直後2台コースアウトもったいないけど無事で何より
DSCF3023.jpg
気候も良く、のんびりレースを観戦できました演劇


posted by trh122 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

雪彦山クライミング

今日は快晴晴れ日頃の練習の成果試しに雪彦地蔵岳東稜へ行く
DSCF0529.jpg

地蔵岳東稜はもっともポピュラーで僕達初心者向き、フリーと違いアルパインなので
ロープワークなどの勉強にもなります、2年前くらいに師匠に連れて頂いたきり
DSCF0530.jpg DSCF0542.jpg

今回は僕らだけで頑張りますクライマーはたくさん来ていたようですが、
皆レベルが高いようで東稜は二組だけで割りとのんびり行きました
DSCF0547.jpg DSCF0543.jpg

どんどん高度感が増します
DSCF0564.jpg

最終ピッチは僕が上がって見ました、昔よりスムーズに行けたので
良しとしましょう〜
DSCF0549.jpg

下は100mでしょうか?あまり見ないように
DSCF0556.jpg DSCF0567.jpg

反省点はあるもののとりあえず3人で初心者コースでも行けたのでOKですね手(チョキ)

posted by trh122 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

槍ヶ岳に立つ

連休雪山、今回は北アルプス槍ヶ岳(3180m)に登るイベント
P5030211.jpg

昨年の奥明神沢の前穂高に続いて、今年は明神岳アルパインの予定でしたが
稜線の雪無しにより、槍ヶ岳に変更

新穂高から槍平でベースキャンプで向かう、結構ハードな山行になりました
P5020001.jpg P5020004.jpg

メンバー4人とも23〜26kg越えのザックで片道約10km工程差1000mの道のりを槍平まで
向かいます。これまでの歩きで一番厳しい歩きですふらふら

天気も良すぎて、夏の服装でも汗だく、雪溶け水があちこちから流れ出て水には苦労せず
良かったです、滝谷まで残雪ルートをひーこら歩きます
P5020015.jpg P5020012.jpg


6年ぐらい前に単独で槍からこの道で帰りましたが、残雪で様子が違いますね
とにかく槍平まで長いな〜
P5020023.jpg

初日で脚を壊さないようにまめに休憩を取る
P5020010.jpg P5020025.jpg

歩き続けて6時間弱ようやく槍平(標高約2000m)のキャンプ地に到着、やれやれ
P5020030.jpg 

キャンプ地にはすでに他のパーティが滞在しています、範囲が広いので
好きなところに張れるし、川の水が豊富でとても良かったですグッド(上向き矢印)
P5020032.jpg

今回は6人用テントを装備する、厳冬の氷ノ山以来、やっとアルプスで投入、
4人なのでとてもゆったりくつろげますひらめき
P5020035.jpg

初日、時間もあるので天然水さんご自慢の”槍カレー”と炊いたご飯を頂く、
皆重たい装備の中に酒や缶詰、つまみをたくさん持ってきているし、ほんと
ありがたいぐらい食べ物には困らずでしたわーい(嬉しい顔) もっと軽くできたかも^^
P5020046.jpg P5020052.jpg

就寝前に皆で口にいびき防止のテープを貼ってみた、とりあえず効果はあるみたい半月眠い(睡眠)
翌朝3時起き、4時45分槍ヶ岳に向けて飛騨沢を登るパンチ
P5030056.jpg

この時期の早朝、そう寒くはありませんが万全の装備で行きます、雪の飛騨沢を
駆け上がる、距離はありますが角度的にはまだまだ序の口
P5030058.jpg P5030070.jpg

朝焼けが笠形方面を照らし始めます、早く登らないと暑くなります、稜線はまだ先
P5030065.jpg P5030075.jpg

出てきた太陽、一気に暖かくなります晴れ
P5030081.jpg

やがて日が差し明るくなる、稜線までもう一息だふらふら
P5030076.jpg

稜線直下は雪が溶けていたのでアイゼンを外す、ようやく槍の全貌が見える
はやる気持ちを抑え、まずは食事をしっかり取り休憩しましょう〜
P5030090.jpg

ガスらないうちに記念撮影手(チョキ)
P5030093.jpg

槍沢のほうからたくさんのパーティが上がってくる、混まないうちに登頂、僕も2回目の
槍を登る
P5030103.jpg P5030100.jpg

今年も練習してきた天然水さん、槍頂上最後のはしごを登ります、がんばれ
P5030118.jpg

4人揃って快晴の槍ヶ岳(3180m)に到着、前日の重荷歩きの疲れもある中
好天のアルプスをバックに撮影
P5030130.jpg

穂高岳方面、奥は乗鞍
P5030134.jpg

6年前単独で歩いた西鎌尾根、あの時の記憶がよみがえる
P5030146.jpg

単独夏山で登った時より今回の雪のほうがとても景色はいい
P5030139.jpg P5030156.jpg

北鎌尾根方面
P5030165.jpg

東鎌尾根方面 常念岳も見える
P5030169.jpg

しんどい思いでここまで来たので狭い頂上、人が混むまで十分に山々を
眺める目
P5030173.jpg

普段岩練習のおかげで登りも下りも楽しめました^^槍から降りる
P5030183.jpg P5030197.jpg

快晴で風もあまり無いので、ベンチでビールつまみで槍を堪能、ええ景色や
P5030209.jpg

春の3000m級を楽しんだのでテントに向けて下山、途中の分岐で見納め
P5030227.jpg 

ロープワークなど無く、ただの歩きでしたが今回は良しとしましょう〜
普通に来れるようになっただけレベルは上がっているはず
P5030230.jpg

天気予報通り、昼過ぎからガスってきました
P5030238.jpg P5030241.jpg

15時前にはテント場に到着、時間がたっぷりあるので有意義に過す
P5030247.jpg

祝賀会の食事はスパゲティーと豆サラダ、オイルサーディンなどなど飲み食べ
を永遠と繰り返す^^
P5030253.jpg

今回は一日約10kmの歩行、うち行き帰りとも荷物の重さも相当だったので
疲れましたが、予定通りの山行ができてほっとしましたわーい(嬉しい顔)
P5030221.jpg

今回のルート滝谷→槍平間は雪道で直線的に、槍平→飛騨沢もダイレクトに
登っているのが分かります、夏山で下った時に比べるとやはり雪道のほうが
歩き易かったですね^^
帰りは朝から小雨の中撤収、白出沢を抜けるまで気を抜けませんでしたが無事下山ひらめき
次回は登攀メインで
sinnhodaka.png
posted by trh122 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
晴天の西穂高岳 by アウトラン (07/09)
晴天の西穂高岳 by 君野雄 (07/09)
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)