2015年03月29日

好天の阿弥陀岳

3月最後の週末に八ヶ岳連峰の阿弥陀岳(2805m)に行く
昨年の赤岳同様、好天の女神が微笑む晴れ.
P3280085.jpg

27日早朝出発、美濃戸口から車で例のガタごと林道を走る、
車体の下をこすってでも奥の駐車場まで行けたのでありがたいひらめき
昨年赤岳のフルカラーさんと初八ヶ岳の友人君の三人で行く?
いつものおじさんがいない
P3270001.jpg P3270006.jpg

あまりの好天で真っ青、行者小屋まで薄着で歩く、重荷で高低差670m
歩いては休みの繰り替えしと記念撮影晴れ
P3270011.jpg

平日もあってかテント場もまばらで好きな場所でテントを張る、
左から赤岳、中岳、右が阿弥陀岳
P3270026.jpg

いつかは行こうか大同心と小同心、小春日和で気温上昇晴れ
今日の為に1月から氷ノ山テン泊や雪洞、駒の尾ボッカと練習を積んできた
P3270019.jpg P3270021.jpg

早く段取りが済み、外でも暖かいので雪の上でまずはミニ宴会ビール
晩はモツ鍋と特性サラダ、雪山で豪勢な夕食、友人君の丸ごとキムチにはびっくり
P3270024.jpg P3270037.jpg

翌朝6時過ぎ阿弥陀にアタック、文三郎道を登る、3月末なので雪溶けもある
中岳を通過し下りにさしかかる
P3280054.jpg P3280072.jpg

阿弥陀直下のコル、稜線にしては風も無くとても条件がいい
P3280077.jpg

赤岳に比べると急登が続く、この時期は雪のしまりも良くトレースもあるのでだいぶ
登り易い、厳冬期だとロープ出しは必要かも、そこそこ高度感もあり実に楽しいー
P3280082.jpg P3280084.jpg

右上に富士山が見える、ええー景色ぴかぴか(新しい)
頑張って登るフルカラーさん
P3280087.jpg

阿弥陀のコルから1時間ぐらいかけて阿弥陀岳山頂(2805m)に着く
P3280090.jpg P3280097.jpg

正面には赤岳から横岳の縦走路
P3280095.jpg

北アルプス穂高、御岳などメインの山々が良く見える
P3280093.jpg

阿弥陀頂上から少し歩き岩場地帯に行く、ちょっと狭くほどよく緊張感を楽しむ
P3280104.jpg P3280100.jpg

阿弥陀岳頂上は何もないですが、人も少なく割と楽しめる、360度見渡せます
P3280107.jpg P3280111.jpg

帰りは丁寧に阿弥陀を下り、コルからシリセードというか、滑ったらどれだけ
止まらんもんか、雪山の怖さを体験しながらテント場に着く
P3280127.jpg

テント場からの帰り道、運良く南沢大滝、小滝のアイス場に立ち寄れた、
氷もギンギンに硬くまだまだ登れるなー
P3280130.jpg P3280133.jpg

無事2日間、ケガ無く戻れた皆日頃の行いがいいようですわーい(嬉しい顔)目標達成
前線基地にて豪華な夕食といい気分(温泉)で疲れを癒す三日月、来年は阿弥陀北陵にしようー
P3280136.jpg

奇跡、南沢表記に少し赤線が延びているところが南沢大滝
amida.png

posted by trh122 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

快晴の駒の尾

週末の不安定な天候に振り回される中、快晴の駒の尾で練習晴れ
DSCF0476.jpg

山の会で氷ノ山雪洞練習の予定でしたが天候の予測がつかず延期、
とは言えアルプス本番に備えて友人君と二人だけの練習をするパンチ

あれこれ考え抜いた末に千種高原の駒の尾山にする、昔ハイキングで行ったし
少々ルートを外れても行き易い、避難小屋もある。今回は初めての鍋が森ルート
をテン泊重装備で登るふらふら
DSCF0467.jpg DSCF0468.jpg

本来のコースよりダイレクトの尾根に行けるとは言え、初めてのコース何回もルート
確認しつつも、マーキング通りに行くと外れいて滑る急斜面をもがきながら回避する
やっぱりこうなるんやなー
DSCF0469.jpg DSCF0471.jpg

何とか回避し、後続の僕達のラッセルに着いて来た二人組の後を追って久振りの
駒の尾に近づく、快晴や来た甲斐があった晴れ
DSCF0472.jpg

白色の山頂は近い
DSCF0474.jpg

多少の迷いはあったものの、重たい荷物で500m差を4時間以内で登る、
何年ぶりかに来た駒の尾、周囲も雪山でいい景色昔登った山々が見える
DSCF0476.jpg

山頂は1m以上は積もっています雪
DSCF0478.jpg DSCF0483.jpg

避難小屋で先の二人のおじさんコンビと会話をする、今日は二組だけで
貸しきりだ、天候に左右されず来たもんだけに晴のご褒美ぴかぴか(新しい)
時間も早いのでまだそこから先の鍋ヶ谷山までボッカの練習に続くパンチ
DSCF0492.jpg

初めて来た友人君は後山まで行けるもんと思っていたようで、何度も来ている
僕はせいぜい鍋ヶ谷山までやと諭す、大型装備でここまで来たから十分やでー

手前が鍋ヶ谷山の斜面、奥は駒の尾山頂、ゆうに往復2kmはある
DSCF0497.jpg

天気も時折、変化があるので油断禁物で避難小屋へ戻る
DSCF0493.jpg

避難小屋の雪で埋まったドアを掘り出す、今日はここで宿泊(テントは使わず)
DSCF0509.jpg

煙突の通気を確認して枯れ木を集めて燃やそうとしたけど。煙が充満、
酸欠状態で結局消した、燻製状態小屋では暖は取れません
DSCF0506.jpg

良く歩いた、何日も前から買ってしまっている3人分の食事を二人で食べる
豆サラダは美味しかったダシは多めにいるなー
DSCF0512.jpg DSCF0515.jpg

晩はろうそくの明かりでお洒落になる、ワインをたくさん飲み、二人でグダグダ
会話をする昼間も良く晴れたし、晩も静かだし、雪山ボッカ宿泊練習には
いいところですね
DSCF0521.jpg

尾根分岐を目指しながら途中、ダイレクトに行きつつもテープについて行き
GPSでそれだしたことに気づきまた軌道修正、雪山は難しいですね
いいトレーニングになりました
komanoo.png


posted by trh122 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)
春の厳冬期?氷ノ山 by (04/01)
秋の氷ノ山 by アウトラン (10/12)