2014年12月31日

西穂山荘でテント泊

今年最後の山へと新穂高方面、西穂山荘へ行くイベント雪本場アルプスの厳冬期を知る牡羊座
PC300076.jpg

先月の木曽駒のお手軽雪山練習(こちら)から本場アルプスの雪山本番へと
シフト、昨年12月の厳冬期御岳を経験した僕と天然水さんとで(こちら)
テン泊チーズホンデュを楽しむ

28日番から出発、車泊をして29日に新穂高へ着く工程ですが、
降雪期の飛騨高山や平湯は初めてで、道の様子が分からない。
赤かぶの里の手前からチェーンを巻いて大正解、平湯まで延々
と雪かアイスバーンでヒヤヒヤもんだがく〜(落胆した顔)

駐車場の情報不足で知らずに夏山で使う下の無料駐車場に
止めたけど上にも今年できた案内センター前の駐車場もタダ
だったので重い荷物を背負って歩いて損しました
下の写真は30日ですが29日にここで必ず入下山届け必要です
PC300090.jpg

新穂高ロープウェイに乗り西穂口に着くとなんと晴れる気配があるではないか晴れ
翌日の天気予報は晴れになっていてここで二人ともテンションUPグッド(上向き矢印)
独標まで行けると期待していましたが・・・
PC290001.jpg

西穂口までトレース、踏後もある、しかし厳冬期のアルプス2200mの雪の量は
半端でないな〜 ちょっと怖さを感じる
PC290005.jpg

二人とも20キロ以上の荷物でフカフカの雪で苦戦しながら歩くふらふら
ここではスノーシューが効力を発揮する場面がある
PC290006.jpg

比較的距離は短いとは言え、後半は急な登りが延々と続く
重装備で上がるにはとてもキツイ
僕はMSRのヒールがあったおかげでだいぶマシでしたけど、
頑張りどころです・・まじしんどい
PC290010.jpg 

約1時間40分、ようやく山荘が見えたので後方より遅れる天然水を待ち続ける、
二人とも厳冬期の2400m級で汗だくやしふらふらヒーハー
PC290016.jpg

ひーこら西穂山荘に着いたモータースポーツ大きな雪だるまがお出迎え^^
ただし雪がちらついてとても寒い・・ 15時20分過ぎでギリギリ
PC290018.jpg PC290020.jpg

今回ここに来た目的は多い、@独標まで登るA僕の新型テント3人用を試すB僕のダウンウエアの
モニタ記事撮影C天然水さんの810シュラフ試すD天然水さんのチーズフォンデュを食べるEその他
生憎@は裏腹な天候により残念でしたが、それ以外は目標達成ひらめきまーしゃーないね
PC290021.jpg PC290024.jpg

テント内で早速段を取りながら雪を溶かし、持参の石井精肉店で買った美味しい焼豚を食べる
最高ーめっちゃ楽しいわグッド(上向き矢印)
PC290028.jpg PC290030.jpg

続いてメインにチーズフォンデュだ、さすが天然水さん初めての料理でも手際がいい
二人共もくもくと食べる。美味しい〜
PC290037.jpg PC290039.jpg

食後は焼き芋、煙は出るけど前回のシシャモよりかマシ^^、明日の天候を期待して消灯眠い(睡眠)
PC290043.jpg

翌朝5時起床、まだ朝早いので外は吹雪気味ですが、回復するものと思い
お雑煮を食べる
PC300047.jpg

時間が経ってもどうも様子がおかしいな〜、スマホで天気予報を見ても晴れのち何とか
と表示しているけど雨レーダでは日本海側がしぐれているし、昨日より吹雪いているし
9時の時点で回復の兆しがないようなら、仕方ないけど撤収と決める
PC300053.jpg

って言うか、他のパーティーも早々と下山、このまま行けば下山のトレースも雪で埋まる
可能性がある、わずか数分で雪が積もって装備品も見えなくなるし、ウエアやザックの
ファスナも凍り付いてきているではないか これはヤバイと思い二人で早々と下山
準備だ、来た証に山荘前で写真
PC300050.jpg PC300054.jpg

山荘の人の話でも明日の天候もイマイチそうで、このままここに居座るよか
早く下界へ帰ろうー 最悪トレースが埋まってしまえばホントに危ないあせあせ(飛び散る汗)
PC300059.jpg

もう山荘前もトレースはあるものの先行組の踏後なんぞとっくに無くなってラッセル状態、
激下りも何度も転びながらトレースを確認しながら下りる、森林帯に入ってから踏後も
あるし安心
PC300073.jpg PC300061.jpg

道後半はハイキング気分で帰る
PC300071.jpg

12月最後のクリマスツリーです雪ぴかぴか(新しい)
PC300077.jpg

西穂口まで戻りリフトで下りる、やはりここも天候はイマイチ、この時期はこんなもんですね、
ええ経験したな〜
PC300084.jpg PC300086.jpg

登山でヒヤット思ったのもつかの間で帰りも雪道で昨日より条件が良くない、特に平湯トンネルから
の下りで凍っているところもあり、登山より車の運転が大変だった何より車をはめずに済んでよかった・・
PC300092.jpg PC300094.jpg

厳冬期のテント泊、昨年とはまた違う経験ができあれこれ思い知らされ勉強になりましたねひらめき
次回までに装備を工夫してまたリベンジ
それと、平湯へ行く山道、あんだけマイカー観光客が来ているなら豊富な水や温泉を利用して道路
を散水するべきですね、ドライバーに気易くしてほしいです
posted by trh122 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

初滑り

今日は戸倉へ、今シーズン初練習雪ゲレンデは十分滑れる状態
おNWEのモンベルのウエアで汗をかいたグッド(上向き矢印)天気も晴れたり曇りたりでちょうどでした晴れ
DSCF0347.jpg
posted by trh122 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
晴天の西穂高岳 by アウトラン (07/09)
晴天の西穂高岳 by 君野雄 (07/09)
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)