2017年11月28日

余部とカニ

冬季本シーズン前に香住方面へドライブ

余部の橋脚を見学する。
DSCF6050.jpg

先週オープンしたクリスタルタワーのエレベーターに乗って見る。
DSCF6026.jpg DSCF6047.jpg

高さ41mの空の駅まであっという間に上昇こらー凄いや

当時の大事故から今や観光名所に時代の変化を感じますね。
列車は来ませんでしたが、いい写真が撮れました。

佐津まで戻り、昨年から行くようになった民宿 四季の宿 鶴(KAKU)
さんでカニのコースを堪能天気も良くいいドライブでした

posted by trh122 at 18:25| Comment(0) | 愛車ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

2017各務ヶ原航空祭

今年もやって来ました。岐阜各務ヶ原航空祭。

天候に惑わされた開催となりました。
IMG_3701.jpg 

今年で3年連続行くようになり、各務ヶ原の土地勘もだいぶ板について来た。
会社の友人を誘い、晩は大人のキャンプ、昼はアフターバーナの爆音を聞く
IMG_3690.jpg IMG_3694.jpg

今年はF-15のコクピット見学、いつもの泣く子も黙るアフターバーナ
を覗き込む

F-15の機体を上から見るカッコええなー^^
DSCF6014.jpg

今年は息子に一眼レフ借り、撮影がしやすくアフターバーナもきれいに写せる。
IMG_3773.jpg IMG_3729.jpg

F-4も頑張って飛んでます。
IMG_3784.jpg IMG_3827.jpg

空中給油機と編隊
IMG_3836.jpg

F-2もカッコよく飛んます、年一回はこの音を聞かないとあかん。
ええ爆音やー

朝一の晴れから昼前から曇りや雨で皆さんのお目当てのブルーインパルスの
いつもの曲芸飛行は無く、迫力に欠けました。米子の時(こちら)とは
違いやはり天気は大事ですね。
IMG_3850.jpg IMG_3861.jpg
何はともあれ、今年も行けて良かったです。また来年
posted by trh122 at 21:36| Comment(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

大堂海岸クライミング

11月3〜5日 高知県最果ての大堂海岸クライミングへ行く。
先月の秋雨とは変わって快晴な秋晴れの岩登りを満喫

本日5日最終日のスーパークラックを登る。
P1050444.jpg

11月3日早朝から出発、山陽道高知道から四万十へ7時間かけて現地へ到着、
僕は4月に観光で着ていたのでだいたい土地勘がありました(こちら)

早速モンキーエリアへ、その圧倒的な高さと広大なエリアに終始圧倒されます。
姫路の海岸とは桁違いです。
P1050274.jpg

初日なので登り易いお祭りクラックで肩慣らし。今回の遠征はいつもお世話になっている
会からベテランマダム陣も参加、普段クラックを登っていないと不安がるもそれなりに
ジャミングを習得しつつ普通に登っているのは凄いな〜
P1050280.jpg P1050283.jpg

夕方も近いのでダブルクラックをリード&フォローで通過、初日はこれぐらいでキャンプ場へ。
P1050287.jpg

現場から10km弱戻りベルリーフ大月近くの公園でキャンプを楽しむ
太平洋が一望できロケーションは最高、バイクライダーとも交流
P1050377.jpg P1050296.jpg

11月4日 二日目
本格的な登攀に入る、一番目は渦潮ルート、まー高いとこ、神戸では無い高さです。
リードで行けるベテラン先生はさすが
P1050304.jpg

ここ大堂海岸を登るには保塁のサラマンやジグザグクラックがトップロープでも
普通に登れるか、フリーなら10B以上は行けるようになっていないと厳しいかも。
リードならそれ以上の腕前が必要。とにかくカムのみです。
P1050312.jpg P1050310.jpg

続いてぐいの実クラックとシャトルを登ります、段々と難しいルートだし
何より高さがある、笠形山の壁岩の大きい版。
P1050321.jpg

モンキールーフへ乗り越え前にロープを割れ目から出す行為が核心かも?
よく喋るスーパーマダムは危なげなく乗り越えて行く、さすがですね。

終始好天青空、関東や鹿児島からも参加、午後最後1本前で他のグループで
事故が発生、ヘリが来るとのことでここで撤収です
P1050313.jpg

ベルリーフ大月でお風呂に入り、ベースキャンプへ戻ります。大御所マダムが
自家製野菜でミネストローネを作って頂き、疲れた体に良く効きました最高
P1050373.jpg P1050380.jpg

二日間、ご婦人方の料理を食べて美味しかったです、いつものインスタントとは
違い、レジャー感がありました。

11月5日 3日目朝一に最後の1本のスーパークラックに登ります。
P1050400.jpg

ここのエリアで人気のルートです、下は壁岩、上はクラックで変則的
ですが登りがいのあるルートです。こんなナチプロ、リードで行ける
人たちは強者やな〜
P1050399.jpg

これ1本で地元へ帰るので、皆気合を入れます。ジャミングとは言え
なんだかんだ言っても足が基本と痛感しました。大御所マダムも完登です

最後のここ一番の回収は2号さん、安全快適な登りで無事回収。
P1050455.jpg

四国の最西にこんなロケーションがあるとは、非常にもったいない。
3日間好天でキャンプもいいところで良かったです。会の婦人方とも
楽しくさせて頂き、思いでの3日間でした^^






posted by trh122 at 21:05| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

箱根の旅

年内後半の旅で箱根温泉へ行く
天候はあいにくの模様でしたが、それなりに楽しめました

箱根神社からスタート
IMG_2773.jpg

13日金曜日昼前から車を走らせ450km新東名の沼津SAで
車前泊

14日朝から行動します。まずは箱根神社へ参拝。
IMG_2775.jpg

箱根神社の後は箱根関所の資料館と復元パークに行き、江戸時代の
関所について学びました。昔はこの箱根峠が鬼門だったようです。芦ノ湖も見えます。
IMG_2799.jpg IMG_2794.jpg

箱根関所から箱根湯本へ、名物箱根登山鉄道へ乗車します。^^

箱根登山鉄道の見どころはなんと言ってもこのスイッチバックですね、
3回のスイッチバックをして強羅駅まで上がります
IMG_2846.jpg IMG_2809.jpg

登山鉄道の強羅駅からすぐケーブルカーに乗り早雲山駅へ、そこから
ロープウェイで大涌谷へ行きます。
IMG_2812.jpg IMG_2815.jpg

朝一運休していたロープウェイが再開して嬉しいのも束の間で大涌谷は霧に覆われ
肝心の噴煙の谷がほとんど見えず残念でした。

テンションは下がっていますが名物の黒たまごで腹ごしらえ。

資料舘で大涌谷の全容を見て帰ります。
IMG_2824.jpg

帰りも強羅駅から箱根登山鉄道に乗って箱根湯本駅へ
IMG_2831.jpg IMG_2838.jpg

駅前のお土産通りで温泉饅頭など食べ歩き^^お宿へ向かいます。

箱根湯本駅から少し離れたおかだ旅館で宿泊、念願の箱根温泉を満喫
IMG_2863.jpg

翌朝は箱根から三島湧き水、柿田川水郡を見学して水を汲みます。

1号線をさらに走り三保の松原で珍しい松の木を見学。晴れれば富士山も見えるそうです。 
IMG_2877.jpg IMG_2874.jpg

清水駅まで戻り、河岸の市で新鮮な海の食事をたらふく食べます、値段も手ごろで
量も多く、賑わってました^^
IMG_2887.jpg IMG_2884.jpg

予定通りの工程を終え、帰路に向かいます。往復1020kmで終始でしたが、
念願の箱根まで行けたことは良かったです。大涌谷は次回リベンジしましょう〜。



posted by trh122 at 19:04| Comment(0) | 愛車ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

秋の御在所前尾根

10月連休は恒例の御在所岳、前尾根、中尾根と計画。
に悩まされた工程となりました。

DSCF2137.jpg

土曜日も雨の抜けが良くない、現地に晩に着き前夜泊、8日は朝から快晴
今回は2ペアに分かれて登攀、僕も2号さんと二人でつるべ式で登ります。
1P目は僕のリードから、前回3年前はパスしたので少し緊張しましたが問題なし

ベテラン先生が先行していつものチムニーに行きます、大抵の人は上を抜けます。
久しぶりのチムニーで、少し登り方がぎこちなかった。

ベテラン先生は尾根の左ルートを好んで進みます、どちらかというと難し目の
ルートのようで、僕たちも後をついて行きます。

このあたりがリードのしがいがあります、2号さん先行。
DSCF2160.jpg 

明日登る予定だった前尾根が見えます、昨年行きましたね。
DSCF2151.jpg

後半に連れて高度感があります、天候も曇りでちょうどいい気候。
DSCF2163.jpg DSCF2162.jpg

ほぼ前尾根の終了が見えてきました。
DSCF2164.jpg

前尾根を抜けた後のやぐらを最後の締めで登りますが、結構濡れていたので
始めてのやぐらで濡れた状態でのリードはとても登りごたえがありました
DSCF2165.jpg

自分なりにやぐらでの死闘を終え満足して下山、登った前尾根を見ながら
下ります、これで自分たちでも行けるレベルとなりました。^^

いい汗をかいた後はに入り、おでんで夕食会、飲んで食べます。
翌日(9日)は朝から大雨で中尾根は中止、早々と撤収
中1日の前尾根だけでしたが、それなりに収穫もありよしとしましょう。
DSCF2172.jpg


posted by trh122 at 16:56| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
晴天の西穂高岳 by アウトラン (07/09)
晴天の西穂高岳 by 君野雄 (07/09)
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)