2017年10月16日

箱根の旅

年内後半の旅で箱根温泉へ行く
天候はあいにくの模様でしたが、それなりに楽しめました

箱根神社からスタート
IMG_2773.jpg

13日金曜日昼前から車を走らせ450km新東名の沼津SAで
車前泊

14日朝から行動します。まずは箱根神社へ参拝。
IMG_2775.jpg

箱根神社の後は箱根関所の資料館と復元パークに行き、江戸時代の
関所について学びました。昔はこの箱根峠が鬼門だったようです。芦ノ湖も見えます。
IMG_2799.jpg IMG_2794.jpg

箱根関所から箱根湯本へ、名物箱根登山鉄道へ乗車します。^^

箱根登山鉄道の見どころはなんと言ってもこのスイッチバックですね、
3回のスイッチバックをして強羅駅まで上がります
IMG_2846.jpg IMG_2809.jpg

登山鉄道の強羅駅からすぐケーブルカーに乗り早雲山駅へ、そこから
ロープウェイで大涌谷へ行きます。
IMG_2812.jpg IMG_2815.jpg

朝一運休していたロープウェイが再開して嬉しいのも束の間で大涌谷は霧に覆われ
肝心の噴煙の谷がほとんど見えず残念でした。

テンションは下がっていますが名物の黒たまごで腹ごしらえ。

資料舘で大涌谷の全容を見て帰ります。
IMG_2824.jpg

帰りも強羅駅から箱根登山鉄道に乗って箱根湯本駅へ
IMG_2831.jpg IMG_2838.jpg

駅前のお土産通りで温泉饅頭など食べ歩き^^お宿へ向かいます。

箱根湯本駅から少し離れたおかだ旅館で宿泊、念願の箱根温泉を満喫
IMG_2863.jpg

翌朝は箱根から三島湧き水、柿田川水郡を見学して水を汲みます。

1号線をさらに走り三保の松原で珍しい松の木を見学。晴れれば富士山も見えるそうです。 
IMG_2877.jpg IMG_2874.jpg

清水駅まで戻り、河岸の市で新鮮な海の食事をたらふく食べます、値段も手ごろで
量も多く、賑わってました^^
IMG_2887.jpg IMG_2884.jpg

予定通りの工程を終え、帰路に向かいます。往復1020kmで終始でしたが、
念願の箱根まで行けたことは良かったです。大涌谷は次回リベンジしましょう〜。



posted by trh122 at 19:04| Comment(0) | 愛車ドライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

秋の御在所前尾根

10月連休は恒例の御在所岳、前尾根、中尾根と計画。
に悩まされた工程となりました。

DSCF2137.jpg

土曜日も雨の抜けが良くない、現地に晩に着き前夜泊、8日は朝から快晴
今回は2ペアに分かれて登攀、僕も2号さんと二人でつるべ式で登ります。
1P目は僕のリードから、前回3年前はパスしたので少し緊張しましたが問題なし

ベテラン先生が先行していつものチムニーに行きます、大抵の人は上を抜けます。
久しぶりのチムニーで、少し登り方がぎこちなかった。

ベテラン先生は尾根の左ルートを好んで進みます、どちらかというと難し目の
ルートのようで、僕たちも後をついて行きます。

このあたりがリードのしがいがあります、2号さん先行。
DSCF2160.jpg 

明日登る予定だった前尾根が見えます、昨年行きましたね。
DSCF2151.jpg

後半に連れて高度感があります、天候も曇りでちょうどいい気候。
DSCF2163.jpg DSCF2162.jpg

ほぼ前尾根の終了が見えてきました。
DSCF2164.jpg

前尾根を抜けた後のやぐらを最後の締めで登りますが、結構濡れていたので
始めてのやぐらで濡れた状態でのリードはとても登りごたえがありました
DSCF2165.jpg

自分なりにやぐらでの死闘を終え満足して下山、登った前尾根を見ながら
下ります、これで自分たちでも行けるレベルとなりました。^^

いい汗をかいた後はに入り、おでんで夕食会、飲んで食べます。
翌日(9日)は朝から大雨で中尾根は中止、早々と撤収
中1日の前尾根だけでしたが、それなりに収穫もありよしとしましょう。
DSCF2172.jpg


posted by trh122 at 16:56| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

台風前の岩登り地蔵岳東陵

3連休ですがのろのろ台風のおかげで、アルプスは控える。
かなり久しぶりに地蔵岳東陵へ行く。

初マルチクライミングの君の名はさん、毎週鳥取からの参加大したもんやな〜^^
DSCF2061.jpg

僕たちが地蔵東陵に来たのはもう3年ぐらい前の話でしょうか、取りつきの道さえ
覚えておらずでした 中年3人組で平日誰もいない岩登りを楽しみます^^
DSCF2068.jpg DSCF2061.jpg

僕と2号さんも久しぶりのマルチの感覚を取り戻します^^
DSCF2063.jpg DSCF2075.jpg

最終ピッチ、地蔵岳が見えます。
DSCF2074.jpg

僕は1,3、4ピッチ担当、最後の締めは2号さんへ
DSCF2086.jpg

流石は2号さん、ひーこらリードの僕とは違います、今回は
左側から抜けます
DSCF2103.jpg

先週、この地蔵に歩きで来ていた君の名はさん、まさかこんなに早く
マルチクライミングで登るとは思いもよらず、毎週が緊張するゴールデンウイーク
DSCF2108.jpg

怖がりながらも完登した君の名はさん、台風前にいいお土産が出来ました。
僕たちも久しぶりのマルチで反省しました。
DSCF2114.jpg DSCF2120.jpg
posted by trh122 at 18:26| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

比良奥の深谷

8月最後の休日は比良の奥の深谷へ行く。
今シーズン、沢歩き6回連続、うち大台は2日間で、
実質7回となり皆勤賞

昨年行った口の深谷と同じエリアで勝手がわかりやすい。
ここのコースは人気があり、入渓してその良さが分かる。
DSCF2012.jpg DSCF2013.jpg

奥の深谷は比較的優しく短いコースである、沢の変化や景観がいい。
ロープ出しするか、水を泳いで行くかはリーダの判断次第で変わります。
DSCF2015.jpg DSCF2022.jpg

安全第一でタイブロックで抜けます。鳥取夜中発で参加の君の名はさん、
初のアルパインチックな形態に挑みます。
DSCF2023.jpg

大小幾つもの滝と激流、ジャブジャブ行くのもアドベンチャーでいいと思います。
DSCF2016.jpg DSCF2024.jpg

一か所滝超えで、水に浸かるか、かかるか、登るかで我々は登りを選択、
時間は掛かりますが、クライミングの練習?実践で行きます。
DSCF2028.jpg DSCF2032.jpg

ビレイの有難さを体験します
DSCF2034.jpg

登り詰めると今度は15mの懸垂下降、実践を経験する君の名はさん
DSCF2040.jpg

水がとてもきれいで川底も見えます、青の下で昼食、日常から解放される。
DSCF2050.jpg DSCF2057.jpg

二段の大滝も見栄え良く連なっています。
DSCF2048.jpg

攻め方次第で楽しさも変化します、今度は時間をかけて
ジャブジャブしながら行ってみよう^^
okufukadani.png

posted by trh122 at 09:51| Comment(0) | 自然探索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

峰山高原キャンプ&掛ヶ谷沢

連休明け、まだまだ暑いです 
峰山高原で涼しいキャンプ、バーベキューをする

小田原川でバーベキュー、キャンプは2年振り、盛大な夕食に満喫^^
皆さん飲んで、喋って話が尽きません🍺
P1050208.jpg P1050209.jpg

鳥取のあしながおじさん→君の名はさんに変更、君の名はさんが鳥取から新鮮なイカ、サザエ、ムール貝、梨
を持って来てくれて大盛り上がり近所の奥さんがイカの刺身にしてくれました^^最高や
P1050213.jpg P1050217.jpg

気温20℃の夜、美味しい食材やお酒を頂き、サプライズありなど、話が尽きない、輝く星空のもと夜はふける
P1050215.jpg

翌朝、前日の食べ過ぎ飲みすぎで皆、消化器官がもたれて、ちょっと二日酔いに近い
それでも掛ヶ谷に向かい、早速核心のゴルジュへ

沢歩き登攀2回目の君の名はさん、恐る恐るながら関門を無事通過、回収も出来ました。^^

僕的には先週の東の川での行事を終えて、少しホットしていますが、遭難はその
心の隙間を突いてきます。
P1050230.jpg P1050228.jpg

2回目のロープ出しも難なく通過の君の名はさん。
P1050244.jpg

二の滝を過ぎ、三の滝に着く、ここに来ればやはり滝行しかない💧
P1050254.jpg

君の名はさんは自ら志願し何度も滝行に挑戦する、まるで仕事のストレスを洗い
流すかのように少年に帰る
P1050256.jpg 

近所の奥さんも滝行をする^^ベテラン先生はリードは神技ですが滝には打たれ弱い
僕も滝行をし、二日酔いを洗い流しました^^

半日コースで楽しみ、涼しかった20℃の高原から現実の34℃の世界へ戻ります。
残暑厳しく、次週はどこへやら。


posted by trh122 at 19:42| Comment(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
晴天の西穂高岳 by アウトラン (07/09)
晴天の西穂高岳 by 君野雄 (07/09)
四国最南端の旅 by アウトラン (04/19)
四国最南端の旅 by (04/19)
春の厳冬期?氷ノ山 by アウトラン (04/02)